RCEP閣僚会合、来月妥結向け協議 関税引き下げ、中印焦点に

2019/10/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【バンコク=竹内宏介】日本や中国、韓国など16カ国は12日、バンコクで東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合を開いた。来月の首脳会合での交渉妥結を目指して協議した。米中摩擦を背景に中国は妥結に意欲的だが、対中貿易赤字の拡大を懸念するインドは慎重な姿勢をみせる。日韓の輸出管理の厳格化をめぐる対立が交渉に影響を与えるとの懸念もある。

RCEPの交渉は2013年に始まった。約20ある交渉分野…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]