消費増税、家電・日用品に反動減
百貨店も落ち込み 「谷」の深刻さ見方分かれる

2019/10/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

消費増税が実施されてから10日が過ぎ、9月に駆け込み消費が目立った商品を中心に反動減が鮮明になってきた。軽減税率の対象外の日用品や高級ブランドや家電などの高額品の落ち込みが大きい。2014年4月の増税時は消費の緩やかな低迷が長く続いたが、今回は軽減税率などの対策への距離感で見方に濃淡が出てきている。

食品スーパーでは軽減税率の対象外で税率が8%から10%にあがった日用品などの商品で、駆け込み消費…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]