/

この記事は会員限定です

台風、再び首都圏直撃 特別警報12都県

河川氾濫・停電相次ぐ 計画運休きょうも

[有料会員限定]

大型で強い台風19号は12日夜に静岡県の伊豆半島に上陸し、9月の台風15号に続き首都圏を直撃した。記録的な大雨によって東京都世田谷区内で多摩川が氾濫するなど、各地で複数の河川が危険水位を超えた。気象庁は一時、過去最多の12都県に大雨特別警報を出し、警戒を呼びかけた。土砂崩れや突風で2人が死亡、70人超が負傷。鉄道の計画運休や空港の運用停止で首都の交通機能は大きく制限され、多くの商業施設などが休業し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン