ゴロフキン、ミドル級王座苦しい奪還 強さに陰り 村田との対戦「興味ある」

2019/10/12付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

ボクシングのスーパースター、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が敗北寸前の大苦戦――。5日、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた国際ボクシング連盟(IBF)ミドル級王座決定戦で、ゴロフキンはセルゲイ・デレフヤンチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ちを飾った。

昨年9月に宿敵サウル・アルバレス(メキシコ)に初黒星を喫して世界王座から滑り落ちたが、ここで王者に返り咲いた形。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]