ナゴルニーがV、難易度と「美」融合

2019/10/12付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

技の難しさと実施の美しさを融合させた。男子団体総合でロシア復権の原動力となった22歳のナゴルニーが世界選手権では2016年リオデジャネイロ五輪後で最高得点の88.772点をマーク。昨年覇者で盟友でもある2位のダラロヤンと誇らしげにロシア国旗を掲げ「高いレベルの構成をほぼ完璧に決めることができた。これ以上の感動はない」と念願の世界一の喜びをかみしめた。

最初の床運動に入る直前に会場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]