台風計画運休、最大規模に 
今夜にも上陸の恐れ 工場・店舗も休止

2019/10/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大型で非常に強い台風19号が日本列島に接近し、首都圏を中心にした鉄道・航空の計画運休は過去最大規模となる見通しだ。百貨店や飲食店などは早期に臨時休業を発表し、顧客や従業員の安全を優先して企業活動をあえて止める動きが進む。地球温暖化の影響で巨大台風(総合2面きょうのことば)が日本を襲う恐れが強まるなか、休業などに伴うコストを踏まえても、リスクを避ける選択が企業に定着しつつある。

関連記事企業・アジ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]