貴ノ富士が現役引退 暴力行為巡り

2019/10/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本相撲協会は11日、付け人力士に暴力行為などを起こした十両貴ノ富士関(22)=本名上山剛、栃木県出身、千賀ノ浦部屋=の現役引退を発表した。同日提出の引退届を受理。自主引退を促した同協会に対して現役続行を希望していたが、回答期限の11日に決断した。退職金は支給される。

貴ノ富士関は8月31日に序二段力士を殴打。日常から差別的発言も繰り返しており、9月26日の理事会で事実上の引退勧告を受けていた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]