海洋プラ 削減技術へ合意 G20事務レベルで日米欧 中国欠席、足並み乱れ

2019/10/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都内で開かれていた海洋プラスチックごみ問題を討議する20カ国・地域(G20)の事務レベル会合が11日までに閉会した。2050年までに新たな汚染をゼロにする目標達成に向け、日米欧が主導し削減に向けて新技術を開発することなどを合意した。ただ最大の流出国の中国が欠席するなど足並みの乱れも目立ち、前途の多難さも浮き彫りになった。

今年6月のG20大阪サミットで宣言された、海洋汚染をゼロとする目標「大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]