大川小訴訟、学校現場に重い責任
遺族勝訴が確定 取り組み、現場で温度差

2019/10/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が、市と県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は11日までに、市と県の上告を退ける決定をした。遺族側勝訴が確定した。子どもを預かる教育行政に高いレベルの災害対応を求めた司法判断が確定したことで、学校現場の責任の重さが改めて浮き彫りになった。

大川小では児童が2011年3月11日の地震発生後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]