/

この記事は会員限定です

バンダイナムコ、ガンダム版権を完全掌握

創通を完全子会社化 アジア攻勢へ機動力アップ

[有料会員限定]

バンダイナムコホールディングス(HD)が世代を超えて人気のアニメ「機動戦士ガンダム」の版権を完全掌握する。10日に商品化の版権を管理するジャスダック上場の創通に対するTOB(株式公開買い付け)を開始した。約350億円を投じて同社を完全子会社とし、中国などアジア市場に攻勢をかけるべくビジネスの機動力を高める。

ガンダムビジネスの版権は40年前にテレビアニメをプロデュースした創通と、制作を担当したサンライズに分かれていた。版権管理の窓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン