IoTのサイバー防衛急ぐ 接続機器守る技術続々
東大、小型低電力チップ/NEC、暗号化の計算半分

2019/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」で接続する様々な機器をサイバー攻撃から守る技術の開発が活発になっている。本格的なセキュリティー機能を備えていない場合が多く、いったん乗っ取られるとより大規模なサイバー攻撃に悪用される恐れがある。ハードとソフトの両面から実用的な対策をとり、情報インフラの安全性を高めていくねらいだ。

通信制御用のルーターやネットにつながる監視用ウェブカメラなど主なIoT機器が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]