東宝「天気の子」で最高益 今期、純利益14%増

2019/10/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東宝は11日、2020年2月期の連結純利益が前期に比べて14%増の345億円になる見通しだと発表した。従来予想から30億円引き上げ、2期ぶりに最高益を更新する。同社が出資して自社配給するアニメ映画「天気の子」をはじめヒット作が収益を押し上げる。

今期の業績予想の上方修正は7月に続いて2回目。同月公開の「天気の子」の興行収入は9月末時点で133億円にのぼっており、今期の売上高は3%増の2540億円…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]