/

この記事は会員限定です

ネット・人口減 小売り苦境

3~8月期 2半期連続減益 高島屋も店舗閉鎖

[有料会員限定]

小売りなど消費関連企業の収益力が低下している。2019年3~8月期決算は最終的なもうけを示す純利益が前年同期比ベースで2半期連続で減った。インターネット通販の普及など消費形態の変化に加えて、人口減や人手不足という構造要因が稼ぐ力の低下につながっている。百貨店など人員3千人の削減を発表したセブン&アイ・ホールディングスに続き、高島屋は11日、港南台店(横浜市)などの閉鎖を発表した。生き残りに向けて構造改革が本格化している。

「地方店、郊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン