デジタル通貨が揺らす金融(下)中銀に決済業務高度化 迫る
小早川周司・明治大学教授

2019/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米フェイスブックが暗号資産(仮想通貨)「リブラ」の発行計画を公表した2019年6月以降、「ステーブルコイン」への関心が高まっている。ステーブルコインとは価格の大幅な変動を抑制しようとする暗号資産のことだ。通貨の重要な特徴である価値を保蔵する機能を持たせることで、一般的な支払い手段、ひいては価値の尺度としての機能を発揮させることを狙う。

価格を安定化させる仕組みに応じて、(1)通貨と1対1で交換し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]