今を読み解く人手不足時代の企業人事 変化受け入れる柔軟思考を
日本大学教授 安藤至大

2019/10/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人手不足が続いている。リーマン・ショック後の2009年に0.45倍まで低下した有効求人倍率は、その後に上昇を続けて18年には1.61倍になった。都内を歩いていると、人員の確保をできずに臨時休業している飲食店もある。多くの企業では、日常業務をこなすための人材を得ることにも困難を感じているようだ。

一時期は、日本の硬直化した雇用を流動化させなければならないという主張に注目が集まっていた。しかし現在で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]