/

この記事は会員限定です

人手不足時代の企業人事 変化受け入れる柔軟思考を

日本大学教授 安藤至大

[有料会員限定]

人手不足が続いている。リーマン・ショック後の2009年に0.45倍まで低下した有効求人倍率は、その後に上昇を続けて18年には1.61倍になった。都内を歩いていると、人員の確保をできずに臨時休業している飲食店もある。多くの企業では、日常業務をこなすための人材を得ることにも困難を感じているようだ。

一時期は、日本の硬直化した雇用を流動化させなければならないという主張に注目が集まっていた。しかし現在では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン