インフォマート、食材の在庫を自動発注 「IoT重量計」で効率化

2019/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

システム開発のインフォマートは、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を活用し、食材や物品の在庫を自動で発注するシステムを飲食店など向けに売り出す。食材の在庫を適切な水準に保つための受発注を自動化することで、アルバイト店員や外国人の働き手が多い飲食店の業務効率化につなげる。

スタートアップのスマートショッピング(東京・品川)が開発したIoT重量計「スマートマット」を活用する。重量計で在庫量…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]