プロレス経営学(4) 奪われる看板レスラー
米マンモス団体WWEの野望 日本流道場でスター育成

2019/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

310億回――。米国を拠点にする世界最大のプロレス団体「WWE」の映像コンテンツが、2018年に世界中で視聴された回数だ。主催するプロレスの祭典「レッスルマニア」は、17年に米経済誌フォーブスが選んだ「最も価値のあるスポーツイベント」で、五輪やサッカーワールドカップなどに次ぐ6位にランクインしている。

WWEの正式名称は「ワールド・レスリング・エンターテインメント」。ニューヨーク証券取引所の上場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]