大機小機米国「予防的利下げ」への懸念

2019/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)は、今年7月と9月に各0.25%の利下げに踏み切った。物価上昇率が目標の2%に満たない中、景気後退を未然に防ぐ「予防的利下げ」と説明されているが、利下げを強く求めるトランプ大統領と市場に追い込まれた結果という印象を拭い難い。

米国経済にも減速懸念があるのは事実だが、他国に比べなお総じて堅調であり、物価上昇率も若干高まりそうな気配がある。必ずしも利下げが不可欠とは言い切れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]