セブン&アイ社長ら処分 セブンペイ問題で報酬一部返上

2019/10/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングス(HD)のスマートフォン決済サービス「セブンペイ」が不正利用された事件で、同社は井阪隆一社長と後藤克弘副社長の役員報酬30%3カ月分を自主返上する処分を決めた。サービスを手掛けた運営会社セブン・ペイ(東京・千代田)の小林強社長は退任する。不正利用された責任を取る。

後藤副社長はデジタル戦略推進本部長の役職から外す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]