関電会長・社長が辞任 金品受領、原発部門の幹部一掃

2019/10/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

関西電力は9日、福井県高浜町の元助役から役員が金品を受け取っていた問題の経営責任を取るとして、八木誠会長と岩根茂樹社長の辞任を発表した。八木会長は同日付で辞任し、岩根社長は第三者委員会の調査結果後に辞任する。経営陣の大幅刷新で統治体制を見直す。2日の記者会見から1週間で内向き体質への批判が勢いを増し、政府や自治体などからの包囲網が狭まった。問題の中心の原発部門の幹部を大幅に入れ替えるが、信頼回復…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]