トルコ、シリア北東部空爆 地上作戦も開始 クルド人勢力攻撃

2019/10/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【イスタンブール=木寺もも子】トルコ軍は9日、テロリストとみなすクルド人主体の武装勢力「シリア民主軍(SDF)」を排除するため、シリア北東部に侵攻した。トランプ米大統領がシリアからの米軍撤収を表明してからわずか数日後の作戦実行で、国際社会から懸念や非難が相次いだ。米国の関与が弱まったことで、地域情勢は一気に不安定になりつつある。

トルコ軍が空爆などを始めたのは、現地時間9日午後4時(日本時間同日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]