渋沢栄一 アンドロイドに 深谷市、記念館で来春公開 「論語と算盤」など講義

2019/10/10付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

埼玉県深谷市は同市出身の実業家、渋沢栄一の人間型ロボット(アンドロイド)2体を、2020年春以降、順次公開する。生前の姿を再現し「日本の資本主義の父」と呼ばれた功績や考え方を伝える。新1万円札の肖像画に採用されたのを追い風に、アンドロイド展示で観光振興に役立てる。

アンドロイドは市が8000万円を投じ、2体制作する。1体目は70歳頃の渋沢が洋装で講演している姿をイメージし、20年春、渋沢栄一記念…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]