創論近未来の組織とは

2019/10/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

従来の企業組織そのものに閉塞感や違和感の原因があると指摘し、新しい時代の方向を示そうとする考え方が出てきている。21世紀、日本でいえば令和の時代の会社や組織の形とはどんな特徴、要件を持つのだろう。米欧と日本で支持されている書籍の著者2人に、近未来の企業の姿について聞いた。

■目的共有、個々の判断尊重 「ティール組織」著者 フレデリック・ラルー氏

――常識を覆す組織の形を描いた著書「ティール組織」が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]