/

この記事は会員限定です

半導体関連株の上昇一服

米、中国企業に禁輸措置 連想売り拡大

[有料会員限定]

戻り歩調を強めていた世界の半導体関連株の株価上昇に一服感がでている。米政権が監視カメラ大手の中国企業に対して新たな禁輸措置を発表した。取引がある半導体関連企業をはじめとする多くの銘柄に連想の売りが広がった。

9日の東京市場では、ルネサスエレクトロニクスが一時6%安、アドバンテストやSUMCOが同4%安となった。アジア市場でも、半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は2%下落した。米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り434文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン