ヘッジファンド 解約急増
1~8月、資金流出10年ぶり水準

2019/10/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界のマネーを取り込み成長してきたヘッジファンド業界が転機にさしかかっている。調査会社イーベストメントによると、今年1~8月の資金流出額は630億ドル(約6兆7000億円)を超え、同期間として2009年以来、10年ぶりの大きさになった。18年に運用成績が振るわなかったことで、解約が増加。投資家が好成績のヘッジファンドに資金を集約する動きも重なり、淘汰されるファンドも出始めた。

8月、米ヘッジファ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]