10月10日 東京五輪が開幕 戦後復興のシンボル

2019/10/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

1964年10月10日、東京五輪が開幕した。東京・新宿の国立競技場での開会式。航空自衛隊機が曲技飛行で鮮やかな五輪マークを描く。全国で10万人余りがつないだ聖火が最終ランナーの坂井義則さんによって聖火台に点火された瞬間、7万人の大歓声がスタジアムを揺らした。約90の国・地域から5152選手が参加したアジア初の五輪は、日本にとって戦後からの復興のシンボルであり、高度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]