東アフリカに1.2兆円規模のLNG施設 日揮、4000億円分を受注

2019/10/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日揮ホールディングス(HD)はアフリカ東部モザンビークの液化天然ガス(LNG)プラントの建設を受注した。事業規模は約1兆2000億円で日揮HDの受注分は約4000億円になる見通し。インフラ輸出を巡っては日本が官民で取り組んだ原子力発電所の輸出が停滞する一方、中国勢が鉄道分野などで躍進する。大型LNG事業は日本勢が強く、インフラ輸出の要になっている。

日本のインフラ輸出は人口減少で国…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]