台風15号、首都圏に爪痕
きょう1カ月

2019/10/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

台風15号が首都圏に上陸し、記録的強風による被害をもたらしてから9日で1カ月。大規模停電は一時93万戸超に及び、電柱などが多数倒壊した千葉県では全面復旧に2週間以上かかった。停電に伴う断水や通信網の途絶も長期化した。強風による死傷者は150人。首都圏の交通網は混乱し、インフラと都市生活の脆さがあらわになった。住宅被害は4万棟超で、農林水産業の被害額も500億円を超えるが、全容が判明したとはまだい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]