/

この記事は会員限定です

スパイス百花繚乱

花椒・ヒハツ…市場は09年比18%増 食の多様化、内食志向が背景

[有料会員限定]

香辛料のスパイスが人気だ。食の多様化を背景にスパイスを多用する料理が増えており、国内市場は約10年前から2割増えた。花椒(ホワジャオ)やヒハツといった種類の売り上げが伸びている。品目も増え、百花繚乱(りょうらん)だ。

「マー活」。花椒を使った商品を食べることをさす言葉だ。中華料理で使い昨年から流行している。爽やかな香りとしびれる辛さが特徴で産地は中国。四川料理で使われ「中国サンショウ」とも呼ばれる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン