/

この記事は会員限定です

米、中国「監視技術」に制裁

貿易協議前、人権問題で圧力 ハイテク8社・20機関に

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史、広州=川上尚志】トランプ米政権は7日、監視カメラ世界首位の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)など中国の28団体・企業に輸出禁止措置を課すと発表した。米国は中国が新疆ウイグル自治区で少数民族を弾圧していると批判し、貿易交渉の再開を目前に人権問題でも圧力をかけた。技術力を急速に高めている中国の新興ハイテク企業をけん制する思惑も見え隠れする。

米商務省が9日付で輸出規制の対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン