パナプラス 高糖度トマト、生産増強
自社開発、口コミ広がる ハウス新設、販路を拡大

2019/10/9付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

野菜苗を生産販売するパナプラス(栃木県栃木市)は、自社で開発したミニトマト「こくパリッ」の生産を本格的に始める。このほど出荷施設や直売所を備えたハウスを新設した。施肥の方法などを従来のトマトと比べ大きく変えることで、甘みに加えうまみも豊富な特徴ある味わいを実現した。通販のほか百貨店などでも販売し、新たな収益の柱に育てる。

同社は苗を生産しながらトマトなどの品種改良も行っており、「こくパリッ」は2…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]