/

この記事は会員限定です

パナプラス 高糖度トマト、生産増強

自社開発、口コミ広がる ハウス新設、販路を拡大

[有料会員限定]

野菜苗を生産販売するパナプラス(栃木県栃木市)は、自社で開発したミニトマト「こくパリッ」の生産を本格的に始める。このほど出荷施設や直売所を備えたハウスを新設した。施肥の方法などを従来のトマトと比べ大きく変えることで、甘みに加えうまみも豊富な特徴ある味わいを実現した。通販のほか百貨店などでも販売し、新たな収益の柱に育てる。

同社は苗を生産しながらトマトなどの品種改良も行っており、「こくパリッ」は20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン