/

この記事は会員限定です

日航に2度目の改善命令へ

国交省、乗務前の飲酒やまず

[有料会員限定]

国土交通省は8日、乗務前のパイロットからアルコール検出が相次いでいる日航に、事業改善命令を出す方針を固めた。同社の飲酒不祥事を巡っては、昨年12月に続いて異例の2度目の同命令となる。日航は今年4月以降も、複数のアルコール検出が起きていた。

赤羽一嘉国交相は8日の閣議後記者会見で「安全運航のための態勢が維持されるよう引き続き厳格に指導する」と述べた。

日航は昨年10月、英国の空港で乗務直前の副操縦士...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン