生保、円建て貯蓄型休止も
明治安田など運用難で 金利低下 強まる逆風

2019/10/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

生命保険各社は貯蓄型の円建て保険について、販売を一時止めたり、保険料を上げたりする検討に入った。市場金利が一段と低下したことで、契約者に約束する予定利率の参考となる「標準利率」が2020年1月に初めて0%に低下することになり、予定利率の維持が難しくなるためだ。すでに明治安田生命保険が10月から販売を休止した。日銀による金融緩和政策の影響が生保商品にもじわじわと広がってきた。

各社が取り扱いを見直…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]