/

この記事は会員限定です

戸建て住宅、下落基調

首都圏価格、8月新築8%安 民間調べ

[有料会員限定]

首都圏の戸建て住宅価格が下落基調となっている。東京カンテイの調べでは、首都圏(1都3県)の新築一戸建ての平均価格が8月は前月比8%安い3675万円で、2カ月続けて下落。東京都の下げ幅が大きく、3カ月連続のマイナスとなった。一方、中古も4.1%安い3268万円。高いと言われた販売価格が調整局面に入った可能性もありそうだ。

調査の対象は敷地面積が100~300平方メートルの木造(土地含む)一戸建て住宅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン