/

この記事は会員限定です

世界標準の演劇 地方から 静岡県舞台芸術センター、NYで反響

地域に根ざし 技術・時間蓄積

[有料会員限定]

日本の地域劇団が、演劇の街ニューヨークで大きな反響を呼び起こした。宮城聡ひきいるSPAC(静岡県舞台芸術センター)が、フランスの世界的演劇祭に続いて成功を収めたのだ。非営利の公共劇場で専属劇団を育て、時間をかけて創作する。そんな「世界標準」の演劇のあり方が、欧米の評価を押し上げている。

ニューヨークで、SPACへの評価はチケットの高騰にあらわれた。約千席の会場で9月25日から12公演が行われたが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン