/

この記事は会員限定です

「特命発注」検証は一部

関電、元助役顧問の会社巡り

[有料会員限定]

関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の元助役から金品を受領した問題で、元助役が顧問を務めた建設会社「吉田開発」(同町)に入札なしで発注した工事の発注額の妥当性に関する関電の社内調査は、一部の工事のサンプル調査だったことが5日、分かった。こうした工事契約は「特命発注」と呼ばれ、18件のうち、調査したのは5件にとどまった。

関電の岩根茂樹社長は2日の記者会見で「我々の査定方法や発注金額、方法が妥当だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン