/

この記事は会員限定です

土地はだれのものか 「土地はだれのものか」研究会著

所有権めぐる問題点を指摘

[有料会員限定]

老朽化が進むマンション、急増する空き家、所有者がよくわからない土地と、住宅や土地を巡って現在、様々な問題が噴出している。私道を巡るトラブルなども絶えない。

本書はオフィスビルディング研究所の本田広昭氏と弁護士である小澤英明氏を中心に、学識経験者ら計14人で設けた土地問題に関する研究会の成果をまとめたものだ。人口減少時代の土地所有のあり方を問いかけ、「強すぎる土地所有権」を見直し、私権と公益のバラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン