土地はだれのものか 「土地はだれのものか」研究会著 所有権めぐる問題点を指摘

2019/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

老朽化が進むマンション、急増する空き家、所有者がよくわからない土地と、住宅や土地を巡って現在、様々な問題が噴出している。私道を巡るトラブルなども絶えない。

本書はオフィスビルディング研究所の本田広昭氏と弁護士である小澤英明氏を中心に、学識経験者ら計14人で設けた土地問題に関する研究会の成果をまとめたものだ。人口減少時代の土地所有のあり方を問いかけ、「強すぎる土地所有権」を見直し、私権と公益のバラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]