/

この記事は会員限定です

五輪サイバー対策 詰め急ぐ

情通機構、実践演習で人材育成 日立など、インフラ防御進める

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、大会期間中に増加が見込まれるサイバー攻撃への対策が進む。情報通信研究機構は大会で使うシステムの運用担当者の教育を急ぐ。発電所や交通機関など重要インフラを守るため、産学官連携で攻撃検知などの研究開発も進む。五輪まで1年を切り、ハードと人材のそれぞれで対策を急いでいる。

「それでは演習を始めて下さい」。7月中旬、情通機構が東京都内で開いたサイバーセキュリティーの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン