/

この記事は会員限定です

韓国、日本車販売6割減

9月、不買運動なお続く

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国輸入自動車協会が4日発表した9月の新車登録実績によると、日本ブランドの乗用車が約1100台と前年同月比で60%減った。8月実績の約1400台(同57%減)と比べてさらに減少した。日本政府の輸出管理厳格化に伴う韓国での日本製品の不買運動が続いている。

輸入車に占める日本車のシェアは5%となり、昨年9月の16%から大きく下落した。トヨタ自動車ホンダ日産自動車と総じて販売台数を減らした。対照的にシェア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン