/

この記事は会員限定です

マイクロソフト、3度目のスマホ

折り畳み式でアンドロイド採用 縮む市場、中国勢台頭

[有料会員限定]

【ニューヨーク=佐藤浩実】米マイクロソフトが2020年、スマートフォンに再参入する。同社は過去に2度スマホを発売したが、いずれも撤退。今回、基本ソフト(OS)には自社の「ウィンドウズ」ではなく、米グーグルの「アンドロイド」を採用する。中国勢が台頭し需要が縮小する厳しいスマホ市場での挑戦に勝算はあるか。

米ニューヨークでマイクロソフトが2日に開いたハードウエアの発表会。「サーフェス」のブランドで展開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン