/

この記事は会員限定です

投資先の上場支援強化 ソフトバンクG、2号ファンド設立へ

ソフトバンク・ビジョン・ファンド ラジーブ・ミスラCEO

[有料会員限定]

運用額が10兆円規模にのぼるソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の運用責任者であるラジーブ・ミスラ最高経営責任者(CEO、57)が、日本経済新聞の単独インタビューに応じた。投資先の上場に向けた支援機能を強化すると明らかにした。従来の投資先の量に加え「質」も重視する。設立予定の2号ファンドについては既存投資先との協業を通じ「新たな価値を生む」と述べた。

ソフトバンクグループ(SBG)が7月にSVFの2号ファンド設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1469文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン