オンワード、赤字240億円 今期最終、構造改革で特損

2019/10/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

女性向け衣料ブランド「23区」などを展開するオンワードホールディングスは3日、2020年2月期の連結最終損益が240億円の赤字(前期は49億円の黒字)になる見通しだと発表した。55億円の黒字を見込んでいた従来計画から、一転して最終赤字となる。主要販路の百貨店の販売不振などを受けて構造改革を実施し、約250億円の特別損失を計上する。

最終赤字への転落は09年2月期以来11年ぶり。インターネット通販…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]