日経平均、一時500円安 米景気減速懸念、リスク回避

2019/10/3付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

3日の東京株式市場で日経平均株価は続落した。一時前日比501円25銭(2.30%)安の2万1277円36銭と、取引時間中としては9月9日以来、約1カ月ぶりの安値を付けた。低調な米経済指標を受けて米景気減速懸念が高まり、リスク回避の動きが広がっている。

米民間雇用サービス会社ADPの9月の全米雇用リポートや米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数など、10月に入り米国の主要な経済指標は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]