AIなど議論「筑波会議」開幕

2019/10/3付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

筑波大学などは2日、世界約60カ国の若手研究者らが社会と科学技術に関する様々な課題を話し合う「筑波会議」を茨城県つくば市のつくば国際会議場で開いた=写真。4日までの期間中に、約50のセッションで科学技術とイノベーション、人工知能(AI)、多様性、共生社会などについて討論する。若手の研究者や起業家、活動家ら1900人が参加する見込みだ。

2日の開幕式では筑波大の永田恭介学長が、会議のテーマは「ソサ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]