/

この記事は会員限定です

医師と薬剤師 協働必要

[有料会員限定]

多剤服用の弊害を防ぐには、医療機関と薬局間で個人の薬剤情報をどう共有していくかも課題だ。

兵庫県宝塚市の宝塚市立病院は、入院する患者に、使っていた薬を全部持ってきてもらい、医師と病院の薬剤師が不要な薬を整理して減らす試みを行っている。しかし、退院すると、患者のかかりつけ医が処方する薬が元に戻っていることが頻繁にあった。

そこで、退院時に医師向けに書く「医療情報提供書」に加え、「退院時薬剤情報提供書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン