/

この記事は会員限定です

新型「継ぎ手」などインフラ技術 IHI×新興で実用化

[有料会員限定]

IHIはスタートアップ企業と共同開発したインフラ向け基礎技術を2019年度内に実用化する。トンネルなどに使うコンクリート同士をつなぐ新型継ぎ手部品などで、大幅な工期短縮につながる。IHIは自社の既存部品置き換えや外販を進める。トンネル用継ぎ手部品では5年後に1千万個の販売を目指す。大企業が革新の切り札とする「オープンイノベーション」の成功例の一つといえそうだ。

新たな部品は、耐久性の高い特殊ネジなどを開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン