/

この記事は会員限定です

トヨタ協業3社、「個性」残せるか

スバル・スズキ・マツダ 相乗効果、欧州にヒント

[有料会員限定]

個性派の中堅自動車メーカーが相次ぎ、トヨタ自動車との協業に乗り出している。SUBARU(スバル)はトヨタの追加出資の受け入れを決めた。スズキマツダと同様に、自動運転車など次世代分野でトヨタと連携を深めながら個性を保とうと模索する。欧州では独フォルクスワーゲン(VW)の傘下企業が独自色を持ちつつ相乗効果を引き出す。スバルなどはトヨタとどう協力を深めながら、ブランド力を維持できるかが課題だ。

「両社の技術を持ち寄ってさらに車をよくする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン