日中「第5の文書」検討
来春の習氏訪日で、中国大使に聞く 「パートナー意識」育成強調

2019/9/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国の孔鉉佑駐日大使は都内で日本経済新聞のインタビューに応じた。2020年春に予定される習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓としての訪日の際に発表が見込まれる、日中共同声明などに続く「第5の政治文書」について「条件が熟せば共通認識を示すことも考えられる」と明言。検討していることを明らかにした。同文書を巡る日本側との協議については「中国はオープンな姿勢を取っている」と前向きな姿勢を見せた。

中国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]