/

この記事は会員限定です

(文化往来)初の財界人「大河」に吉沢亮主演

[有料会員限定]

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」は、このシリーズ史上初めて財界人を主人公にしたものとなった。主役の渋沢栄一に決まった吉沢亮は「利益の前に道徳とか、公益を考えた上での私利だ、など素晴らしい言葉を残している方」と、生涯で500社もの企業にかかわった「日本資本主義の父」の印象を話す。連続テレビ小説「なつぞら」での早世の画家役が記憶に新しい。

脚本は4年前の連続テレビ小説「あさが来た」の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン