貨幣処理機のグローリー、「現金離れ」逆手に 過渡期 商店の省力化狙う

2019/9/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

貨幣処理機大手のグローリーが、海外市場の開拓を急いでいる。キャッシュレス化の進展は逆風だが、その裏側で生じる需要を取り込み成長を目指す。現金関連機器で「残存者利益」を確保しつつ、新規事業の育成を急ぐ。

グローリーは7月、「キャッシュアウト」を手がけるシンガポールのスタートアップ、ソーキャッシュに出資した。スマホアプリで希望店舗と金額を入力し、小売店でQRコードを提示すれば、銀行口座にある現金を引…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]